ヘアサイクルの段階

ヘアサイクルは主に4つの段階に分ける事ができます。中でも成長期は髪全体の8割~9割がこの状態にあると言われるほど大切な時期です。成長期は毛母細胞が髪の毛を作るよう指令を受け、細胞分裂を活発にさせる時期です。この活発な細胞分裂により髪は生まれ、成長を続けます。この時期に髪の毛は太く長く成長をします。

髪の毛は伸び続けるわけではありません。一定の時期で髪の毛は成長を止めます。これは退行期と呼ばれます。髪の毛は退行期になると成長をストップさせます。この時期にいる髪の毛は全体の中でも少なく、1割もないと言われています。その後髪の毛は休止期に突入します。休止期は成長を止め、現状のまま変わらない状態を指します。髪の毛全体の1割~2割が休止期に当たります。

休止期に入って3~4か月後に髪の毛は抜け落ちます。これを脱毛期と呼びます。AGAの人は成長期が短く、休止期が長くなる傾向があります。髪の毛が成長しないため段々と頭髪の密度が薄くなり、薄毛の症状となります。AGAの治療は成長期を長く休止期を短くし、ヘアサイクルを正常に戻す事を目指しています。ヘアサイクルは3年~7年の長い周期で動いていますから、治療も長い目で見る必要があります。